• 昭和44年12月24日 三光アジア航測㈱設立、創業
  • 昭和45年 2月20日 市川市より千葉市本町1-5-16 松井ビルに移転
  • 昭和45年 2月24日 測量業者登録
  • 昭和53年 1月 9日 資本金250万円を500万円に増資
  • 昭和61年 5月22日 資本金500万円を1000万円に増資
  • 平成 7年12月25日 千葉市中央区新宿2-6-8 クリーンホーム千葉に移転
  • 平成 8年12月25日 三光アジア航測㈱よりサン・ジオテック㈱に商号変更
  • 技術士補(情報工学):1名
  • RCCM[河川、砂防及び海岸・海洋]:1名
  • RCCM[電気電子]:1名
  • RCCM[都市計画及び地方計画]:1名
  • 測量士:9名
  • 測量士補:3名
  • 情報セキュリティスペシャリスト:1名
  • 情報セキュリティマネジメント:1名
  • 応用情報技術者:1名
  • 第二種情報処理技術者:1名
  • 初級システムアドミニストレーター:2名
  • 情報処理ITパスポート:1名
  • CALS/EC インストラクター:1名
  • 空間情報総括監理技術者:1名
  • 地理空間情報専門技術(基準点1級):1名
  • 地理空間情報専門技術(GIS1級):4名
  • 地理空間情報専門技術(写真測量1級):2名
  • 地理空間情報専門技術(路線河川用地):2名
  • 地籍工程管理士:1名
  • 地籍主任調査員:7名
  • 地籍管理技術者:1名
  • 地籍管理技術者補:1名
  • 地理情報標準(初級技術者):2名
  • JUIDA認定スクール講師:2名
  • JUIDA無人航空機操縦技能資格:2名
  • 文書情報管理士2級:2名
  • 日商簿記1級:1名

    サン・ジオテック株式会社はアジア航測株式会社100%出資会社として48年間にわたり、技術と東関東の生産を支えてきました。現在も親会社と連携するだけでなく、全国8社のグループ企業とも交流を活発にし、楽しんで社会に貢献していきます。

代表挨拶

代表取締役 金久保 豊

確かな空間情報技術で地域に貢献

金久保 豊 代表取締役

弊社は昭和44年12月にアジア航測株式会社のグループ会社として千葉に設立されました。親会社の指導もあり、空間情報技術とその品質で民間会社様を始めお客様の信頼を確固たるものにし、東関東地域を中心に業務を行っています。
当初は航測図化の会社として始まった弊社も、今では都市計画デジタル図作成・各種台帳作成・航空レーザ計測、さらにはフィルタリング・MMS計測・データ処理・GIS構築等々の空間情報技術を所有しております。近年では時代の潮流に乗り、三次元の計測や作成及びその解析を手がけております。
この業界の礎である「実測」はもちろん弊社得意技術の一つであり、基準点測量・水準測量・地形測量・路線測量・用地測量・地籍測量などの「設備と技術」は地域の実測会社と比較しても遜色ないものと自負しております。平成28年には日本測量協会より「公共測量品質管理優秀賞」を基準点の分野で頂き、大変ありがたく名誉なことと思っております。
今後も得意技術を絶対のものにしつつ、特異技術も育てていきます。そんな元気な会社が千葉にあることを是非覚えていただき、今後もどうかご指導を賜りたく宜しくお願い致します。

社名について

サン・ジオテック:SUN・GEOGRAPHY TECHNICALの意味は、「太陽・地理学 専門的技術」といったところでしょうか。名は体を表すと申します。地理学、地政学の分野において、技巧派職人が集まり、マッピングやデータ解析を次から次に行っていく集団でありたい。
また、日本で最初に太陽が昇る千葉県にあって、日々改善、切磋琢磨し、「Rising Sun」という言葉の様に輝く上昇集団になるのだという意気込みでもあります。
社員一丸となって、千葉県、いや、東関東を代表する空間情報コンサルタント企業を目指し、日々頑張っています。

ホームページロゴについて

サン・ジオテック ホームページロゴ

初日の出を見に犬吠岬へ行かれた経験はありませんか。
株式会社サン・ジオテックの新しいホームページロゴは太陽(赤)、大自然(緑)、海(青)を表現した、太陽の「S」、母なる大地を現した「G」、堅実でゆるぎない技術を表現した「T」を組み合わせて、社員が考えました。
今も昔も千葉を中心に、安定して楽しく測量の仕事を邁進していく雰囲気が出ていると思いませんか。