技術について

社員ひとりひとりの心の中に、明確な「技術」がありました。

・技術とは、一見測れないところも測ってしまうことだ。
・先輩から受け継がれてきた「仕事のコツ」みたいなものこそが技術だ。
・他の人にはまね出来ない自分だけの技だ。
・納得いく精度に入るまで根気よく計測を繰り返すのも技術だ。
・精度の許容範囲に納まるようにシビアな計算を繰り返すのも技術だ。
・お客様の満足を獲得するまであらゆる手段を講じることが技術だ。
・コストを抑えて業務を完遂することが技術だ。
・経験と理論に裏づけされたテクニックから、目的と求められる要求を達成するワザだ。

それでは技術はどうなっていくか

・地図は自動的に更新されるようになり、更新費用は安価になる。
・それでいて個人情報や私的な情報もさりげなく守られている。
・近江商人「三法良し」を実現する技術。現在ではまだ「買い手良し」の状態。
・標準化・共有化が進んで、今以上に身近に当たり前になるでしょ。
・二次元だった地図は三次元が標準になるね。
・MMSで走行しただけでベクターデータまでできる。関係なく道路縁を捉えることが出来る。
・効率化が極度に進んで、自動化され残業がなくなるね。

測量について

ピラミッドのような巨大構造物や、モヘンジョ・ダロのような計画都市が造られた背景には、高度な測量技術があったといわれています。
シーボルトは伊能忠敬が作成した図面を国外に持ち出した。その図面を見たアメリカ大統領は、日本を高度な文明を持つ国だと驚き、ペリー艦隊は占領ではなく、条約締結を目的に日本にやってきたという話もあります。
「現地で測量をする」「地図をつくる」という技術は、高い文明の証なのですから、測量士という仕事に誇りを持っています。
測量が必要ない建設工事はありません。土地の売買には測量図面が必要です。ダムも道路も橋梁も測量士がいなくては出来ません。地球表面上の「ある地点」における関係位置座標を決めるのは測量士です。
世の中の目には留まりにくく、地味な仕事かもしれませんが、要求された精度をクリアーするべく、知識、経験、最新機器を駆使して、最確値を求める仕事は、なかなかに面白いと思います。

「地図に残る仕事」も良い感じですが、「地図そのものをつくる仕事」こそ私は子供に胸を張ります。作ったものが図面として残る。「父ちゃんすごいね」って言われたりします。
測量はチームでやるものです。TSを覗けば相方が持つミラーが見えます。相方が先輩ならばその技術を盗んでやろうと観察し、後輩ならば「三脚立てるスピードが上がったな」と声をかけたりしてチームワークも図ります。
測量はものごとのスタートとなる仕事であり、事業のその後の出来を左右するのです。社会から必要とされているという感覚があります。

働き方について

パートタイムで働く皆様のランチタイムを、ちょっぴりお借りして話を聞きました。

1.どんな仕事? どんな一日?

現地調査結果の属性入力をしたり、図面上、CAD上で計測したりします。
朝の開始時間を、9時か9時半で選べる。
ランチはお弁当持ってきたり、外に食べに行ったりする。
昔は図面計測だったが、今は画面上で作図がほとんど。拡大・縮小できて見やすく便利だが、図面特有のぴったり合う感がなくてイライラする。 ・・・この人は職人化している。
長年やっていると、難しいことも任されたりして緊張する。 でも、新しいことを覚えられた時は嬉しい。以前は出来なかったことが出来るようになると嬉しい。
初めのころは、エクセル覚えて、ニグマス覚えて、CAD操作覚えながら、仕事のやり方も同時に一度に頭に入れようと頑張ったが、間違ったときに何を間違ったがわからなくなった。
最初は、PC画面を一日ずっと見ているようなイメージを持っていたが、実際はチームで一つのヤマを登っている感覚が近いと思う。
繁忙期は忙しく、閑散期は暇になる。でも、まあまあ効率よくやれていると思う。

2.良いところ

チームだから一人休んでも仕事はとまらない。「急に子供が熱を出して」という「絶対に仕事を休めないときに限ってのアクシデント」に見舞われることはないのです。
仕事の途中でも子供のことでなにかあれば、「すぐに帰れる。休める」というのは、昔から伝統的に習慣になっている。子供のことを心配しながら作業している状態では、気になって、集中できないし、周囲も気になるから全体の空気が不安定になるので、ともかくその日は帰ってもらって、次の日安心して頑張るような仕組みにしている。
週4日なところが良い。(週4日の人が多い。もちろん5日働いても良い)

3.改善したいところ

バリバリ働きたい人はキャリアアップできる道筋を作ったらよいのではないか。
立地が良い為か、保育所がどこもいっぱいなので、いっそ職場に保育所を作ってほしい。
ずーっと働くつもりだから、保育所に留まらず学童や塾も作ったらよい。
新しく入る人の為にランチマップを作ったらどうか。
会社のロゴや社名の字体を変えたら業績が伸びたという話を聞いたので変えたらどうか。
社歌ブームなので、社歌を作ったらどうか。

大変、貴重なご意見を聞くことができました。
キャリアアップの道筋と保育所開設に社歌。うーん、早急に検討していきます。